探偵の勉強メモ~試験対策~

浮気

探偵|今の状態を相談

慰謝料を相手に請求するタイミングは、不倫を確認したとか離婚やむなしとなった際だけじゃないんです。
一例をご紹介すると、話がついたはずの慰謝料が離婚後受け取れなくなるなんてことも起きています。

自分自身で素行調査や情報収集、追跡や尾行をするのは、数々の困難があるので、相手の人物に見つかってしまうことも心配なので、通常の場合だと信用のある探偵などに素行調査を頼んでいらっしゃいます。

「今、妻が誰かと浮気している」という点について証拠を手に入れられましたか?証拠、それは完璧に浮気相手の男性と特定できるメールや、夫ではない異性と二人きりでラブホテルに入る瞬間を撮影した証拠写真等があります。

別に離婚をしていなくたって、浮気や不倫をされたら、慰謝料などの請求をしていただけますが、やはり離婚するほうが比べてみると慰謝料の金額に関して高額になるのは本当です。

夫や妻といった配偶者について異性に関連するサインが見つかると、どんな方でもやっぱり不倫しているの?と考えることでしょう。
それなら、たったひとりで苦悩せずに、探偵や興信所で不倫調査をやってもらって結果を出すのがベストな選択です。

給料や実際の浮気の長さなんて条件で、主張できる慰謝料の請求額が高かったり低かったりするに違いない!なんて先入観も持たれやすいのですが、全然違うんですよ。
まれなケースを除いて、慰謝料の額は300万円くらいです。

「調査員の技術や技能と機器のランク」といった材料のみで浮気調査は決まるんです。
調査員として働いている人物のチカラを推測することはできるわけないのですが、どれほどのレベルの機器を備えているかであれば、尋ねればわかるのです。

以前に比べて夫の行動が妙だったり、このところ「突然残業を頼まれて」といって、深夜の帰宅が続いている等、「夫が浮気?」って疑いがちになる状況ってよくありますよね。

今の状態を相談して、経費に合わせた効果的な調査の企画の作成依頼だって可能なんです。
調査技術は十分で、料金面でも不安もなく依頼が可能な、間違いなく言い逃れのできない浮気の証拠を入手することができる探偵事務所に依頼してください。

素行調査依頼するのであれば、先に絶対に確認しておいたほうがよいのが、素行調査にどのようにいくら料金がかかるのかということです。
定額の時給制、セット料金、成功したときの報酬制等、探偵事務所それぞれで要求されるシステムが違っているので、しっかりと確認するべき項目です。

浮気を妻がしたときというのは夫による浮気問題との違いがありまして、問題が発覚する頃には、ずっと前から夫婦関係は回復できない状況となっている場合がほとんどなので、復縁せずに離婚をすることになる場合が多いようです。

今回のことがあるまで、浮気の不貞行為で不安にさせたことがない夫であったのに浮気したという場合、心に負うことになるダメージがかなりありますし、相手も本気の場合だと、離婚してしまうケースも多いのです。

不倫調査に関しては、ケースごとに調査項目に差がある状況が多い任務になります。
このような理由で、調査の手法など詳細に関して契約内容が分かりやすく、かつ適正に規定されているかについて確認する必要があるのです。

苦しんでいる場合でも、妻が浮気中だなんていう相談っていうのは、頑張ってみても恥や自尊心を捨てることができず、「人にこんなことを話すなんて?!」そんなふうに思って、打ち明けることをぐずぐずしてしまうことになりがちです。

あなたの夫を尾行したりする際に、あなたや夫の周辺の家族、親せき、友人、知人の助けを頼むのはやってはいけないのです。
あなたが夫と対峙し、本当の浮気なのか誤解なのかを明らかにしてください。

探偵|不信感を解消したいという希望

3年以上経過している浮気があったという証拠をつかむことができたとしても、離婚について、婚約破棄についての調停をしたり裁判をする際には、効力がある証拠としては認められることはないんです。
ごく最近のものでなければいけないんです。
用心してくださいね。

結婚直前での素行調査のご相談や依頼というのも多くて、お見合いの相手や婚約者がどんな生活を送っているのかの調査だって、近頃では結構あるのです。
調査1日に必要な料金は10万から20万円が平均となっています。

このサイトに探偵料金のことが詳しく書いてあります。→【探偵料金の相場】選ぶポイントは安さか信頼か?1,000社掲載!


恋人だった人から思いがけない慰謝料の支払い請求を起こされたとか、セクシュアルハラスメントに関すること、その他にもありとあらゆる種類のお悩みが存在しているのが現実です。
あなただけで重荷を背負わず、できるだけ早く弁護士に助けてもらいましょう。

調査依頼した場合のかなり詳細で具体的な費用や料金に関心があると思いますが、探偵社や興信所の料金に関しましては、依頼ごとに見積もりを作成してもらわないと確認できないということです。

夫が「ひょっとして浮気中かも?」と疑い始めても、仕事を持っていてそれ以外の時間だけで自分だけで妻の浮気を確認するのは、考えている以上に大変なので、結果として離婚にも年月が経過してしまうのです。

夫あるいは妻が浮気を本当にしているか否かを突き止めるためには、カードの明細、銀行のATMでの引きおろし、携帯電話とかスマホの通話、メールの送受信の利用履歴などを調査するのです。
これをやれば、動かぬ証拠を見つけることができるでしょう。

実のところ、探偵とか興信所の料金などの体系や適用する基準には、統一されたルールというのはなくて、各調査会社別の独自で考えた体系があるので、ますますわかりにくいのです。

おそらく実際に探偵に調査などを依頼するなんてシチュエーションは、「きっと人生において一度きり」だというケースが相当いらっしゃると思います。
探偵に何かを依頼したい場合、とりあえず知っておきたいのは料金ですよね。

不信感を解消したいという希望があって、「配偶者がどこかで浮気を行っているのかどうか事実を把握したい」こんな心境の方々が不倫調査の依頼をすることが多いのです。
だけど不安感をなくすことができない場合もよくあります。

結婚以来、隠れて浮気を一回もしたことがない夫が今回は本当に浮気したとなれば、心的ダメージは想像以上にひどく、相手も真面目に考えている場合は、離婚を選択するケースも珍しくありません。

どことなく夫の感じが変化したり、近頃突然「突然残業を頼まれて」といって、家に深夜まで帰ってこなくなった等、夫が「浮気?」と疑惑の目で見てしまう出来事も多いものです。

家族を幸福にすることを願って、文句も言わずに全ての家事や子育てを自分の人生をかけて行なってきた女性というのは、夫が浮気していることを掴んだなんてときには、大騒ぎしやすい人が多いようです。

本当に調査までしなくちゃいけないのかな?支払う費用は?何日くらい?心を決めて不倫調査に踏み切っても、何も変わらないときはどうしたらいいんだろう。
何やかやと頭の中でぐるぐるしちゃうのは仕方ないですよね。

あなた自身が配偶者の素振りから浮気の可能性があると考えているなら、何をおいても浮気の証拠になりうるものを集めて、「浮気が本当かどうか!?」明確にするのがベストです。
いろいろ考え込んでいるばかりでは、物事を進めることは絶対に無理です。

浮気問題を妻側が起こしたときっていうのは夫の浮気問題とは違います。
みつかったときには、もう夫婦としてのつながりは元に戻せない有様の夫婦がほとんどであり、離婚という結末に行き着くことになってしまうカップルが多いようです。

なんだか不倫かも

頼みたいんだけれどいいのかな?何円くらいの費用かかるのかな?調べてもらうのにかかる日数は?わざわざ不倫調査を任せても、はっきりしなかったらどこに相談すればいいの?あれやこれや悩みが尽きないのは当然と言えば当然です。

夫婦だけではなく、子供がいる家庭の場合、離婚が成立した際に子供の親権に関しては夫側が取りたいのであれば、今まで妻が「隠れてしていた不倫や浮気で育児をしていない」という状態にあったことの確実な証拠も必須となります。

探偵にお願いする仕事は人それぞれなので、均一の料金にしたのでは、みなさんに対応することができないわけです。
しかも、探偵社や興信所の特徴もあって、ぐっと確認しづらくなっているわけです。

不倫調査の探偵は、どこに頼んでもかまわないことは絶対にありません!難しい不倫調査が満足できる結果になるか否かというのは、「ちゃんとした探偵に頼むかどうかによって決まったようなもの」などと申し上げたとしてもよいでしょう。

自分一人で対象者の素行調査や気づかれないようにつけるのは、多くの難しい面があり、ターゲットにバレてしまうことだって十分ありうるので、通常の場合だと実績のある探偵などプロに素行調査を依頼しているのです。

「自分が愛している妻を疑うことなんてできない」「誰かと妻が浮気というのは事実じゃない!」なんて方が大部分だと思います。
だが現実問題として、不倫や浮気に走る女性が明らかに増えていることを忘れないでください。

離婚についての裁判で使える浮気の証拠としては、携帯メールの送受信履歴とかカーナビの履歴それぞれだけでは弱く、デート中の写真または動画が最高の証拠です。
探偵などにお任せするのが間違いないでしょう。

向こうに見つからないように、調査は慎重にする必要があります。
低価格だけが自慢で低い料金で引き受けている探偵社を選択して、最悪、最低の状況になってしまうことはどうしても起きないようにしたいものです。

結婚を控えての方からの素行調査の依頼だって少なくはなく、お見合いの相手方とか婚約者が普段どんな生活や言動をしているのかなどといった調査依頼だって、ここ数年は普通に見かけるようになっています。
調査1日に必要な料金は10万から20万円程度が相場です。

なんだか不倫かも?なんて感じたら、今からすぐに不倫・浮気の素行調査を申込んだ方が最善策ではないでしょうか。
調査にかかる日数が少なければ、探偵事務所に支払う調査料金についてだって低く抑えられるんです。

基本料金と表示されているのは、最低限必要な支払金額を表していて、ここに加算の料金があって合計費用になるのです。
素行調査を依頼した対象者が就いている職業、住んでいる住宅の種類、よく使っている交通機関や移動方法でずいぶん開きがあるため、料金も違ってくるのです。

探偵や興信所に何かをお願いするということは、「長い人生で一回だけ」だというケースが多いでしょうね。
何かしらの仕事を探偵に依頼したいという場合、何よりも気になるのはやっぱり料金です。

わかりやすく言えば、探偵事務所などで依頼する浮気調査というのは、ターゲットによってその浮気の頻度や行動パターン、浮気の時間帯とか会う場所まで違うので、調査日数などにも影響して準備しなければいけない費用がバラバラになるわけです。

年収や浮気をしていた期間などについて違いがあると、慰謝料を支払わせられる金額が全然違うに違いない!なんて先入観も持たれやすいのですが、本当は違うんです。
大半のケースで、慰謝料の額は300万円程度なのです。

どんな状態なのかを伝えて、予算に応じた最善の方法についてアドバイスしてもらうことまで可能なんです。
調査技術も調査料金も心配がなく、調査を任せられ、100%の確率で浮気の完璧な証拠を入手してくれる探偵事務所でご相談ください。

こうなるまでは…。
,

苦しい気持ちを解消したいという希望があって、「自分の夫や妻が誰かと浮気中なのかそうじゃないのか事実を把握したい」なんて考えている方が不倫調査を申込んでいるというわけです。
もやもやを取り除くことができない結末のケースもまれなことではないのです。

状況によってかなり差がありますから、ひとまとめに扱うわけにはいかないのですが、不倫によるトラブルで離婚せざるを得なくなった夫婦であれば、必要な慰謝料は、大体100万円~300万円程度が普通の金額となっているようです。

こうなるまでは、浮気や不倫を一回もしたことがない夫による浮気が事実であったなんてケースでは、精神的なダメージはかなり深く、向こうの女性も真面目に考えている場合は、離婚してしまう夫婦だってかなりの数になっているようです。

素早く、確実に相手に察知されずに浮気の確実な証拠を握りたいというのでしたら、能力の高い探偵に申し込むという方法が最もいいのではないでしょうか。
レベルの高い調査能力を持ち、調査機材も備えられているのです。

3年たっている相手の浮気の証拠が手に入ったとしても、離婚あるいは婚約破棄の希望がある人の調停あるいは裁判においては、自分の条件をのませるための証拠として採択してくれません。
最近入手したものを準備してください。
注意が必要です。

浮気であっても不倫であっても、それによって平和な家庭を完全に破壊して、離婚しかなくなってしまう場合もあるわけです。
場合によっては、精神的に損害を受けたことへの配偶者からの慰謝料請求という難題も起きるのです。

可能な範囲で時間をかけずに金銭の取り立てを行うことによって、請求人の心を解決させてあげるのが、不倫の問題での被害者となった方の弁護士が絶対にやるべき役回りと言えるでしょう。

現在「妻が隠れて浮気している」という事実の証拠を探し出しましたか?証拠、それは完璧に浮気相手とのやり取りとわかるメールとか、夫ではない男とホテルに連れだって入るシーンを捉えた証拠写真等を指します。

「調査に携わる調査員のレベル及び調査機材」で浮気調査は結果が異なります。
浮気調査をする担当個人のレベルの客観的な把握はまずできませんが、どれほどのレベルの機器を保有しているかということは、明確にすることができます。

配偶者が浮気している人物に向かって慰謝料として損害賠償請求に踏み切るケースも多いようです。
なかでも不倫されたのが妻の時ですと、不倫関係にある女に対して「請求するのは当然」という考え方が主流になっているようです。

本人の浮気調査ですと、間違いなく調査費用の大幅なカットができます。
だけど肝心の調査が技能不足で低品質なので、すごく感づかれるといったミスが起きるのです。

自分一人の力で明らかな証拠を入手するのは、いろんなことが原因で難しいことから、浮気調査を希望でしたら、信用があってきちんとした調査を行ってくれる探偵事務所等にお任せするのが一番です。

仮にパートナーがした不倫を確かめて、「離婚」とあなた自身が決断していても、「パートナーと会うのは嫌だ。
」「協議どころか会話もしたくないから。
」と、話し合うことなく感情的になって離婚届を提出してはダメなんです。

なんといっても探偵事務所っていうのは浮気調査をした経験が多いため、実際に浮気の最中であれば、逃さずに証拠を入手するのです。
なんとか浮気の証拠をつかみたいなんて思っているのなら、是非ご利用ください。

とりわけ「どうも妻が浮気しているみたいだ」という相談の場合は、恥ずかしいと思う気持ちやプライドの高さを捨てることができず、「人にこんなことを話すなんて?!」なんて決め込んで、相談に行くのをあきらめてそのままにしてしまうのもわかります。

妻が浮気した場合は夫側の浮気とは違って

離婚についての裁判の際に役立つ浮気調査の結果を示す証拠としては、GPS・メールから得られる履歴単独では足りず、デート中の写真または動画がベストです。
探偵など専門家で頼んで撮影するのが間違いないでしょう。

妻が浮気した場合は夫側の浮気とは違って、秘密がバレたときには、ずっと前から夫婦関係は元に戻せない有様のカップルが多く、最後は離婚にたどり着いてしまう夫婦が多いようです。

離婚を検討している妻の原因で一番多かったのは、「夫が浮気している」という結果でした。
今日まで無関係だと認識していた妻が少なくなく、夫の不倫という事実を突きつけられて、動揺を隠し切れない感情で激怒しています。

最大限に速やかに請求した慰謝料等を受け取って、クライアントの怒りや不満を整理していただけるようにするのが、不倫トラブルの被害者側の弁護士が絶対にやるべき使命だと言えます。

パートナーの不倫の影響で離婚しそうな大ピンチなんてことになっているのなら、全てを置いても配偶者との関係修復をしてください。
積極的に行動をしないで時間が流れていくと、関係が今以上に悪化していくことになるのです。

夫婦のうち一人が不倫や浮気(不貞行為)の関係になってしまったのであれば、被害を受けた側の配偶者は、当然の貞操権を侵害されたことによる心の痛みに対しての慰謝料という名目で、支払を要求することだってできます。

驚きの料金無料で関係法令だとか見積もりの一斉提供など、抱え込んでしまっているトラブルについて、法律のプロである弁護士に直接質問することだってちゃんとできます。
ご自身の不倫に関する苦しみや悩みを無くしましょう。

「妻とは愛し合っている。
疑うなどできない」「家族に内緒で妻が浮気しているだなんてことはあり得ない」そう考えている方が大抵のはずです。
そうはいっても本当は、妻でありながら浮気する女性が着実に数を増やしています。

どうも最近夫の行動や言葉が前とは違うとか、なんだか近頃「仕事が終わらなくて…」なんて言って、家に深夜まで帰ってこなくなった等、夫が「もしかして浮気?」と勘繰ってしまいたくなる原因も少なくありません。

不倫や浮気調査をするときというのは、難しい条件のもとでの証拠となる場面の撮影任務が非常に多いので、調査する探偵社が変われば、尾行・追跡の技術や撮影用のカメラなどは大きな違いがあるため、事前に確認しておおきましょう。

いわゆる素行調査とは、調査対象となった人物の行動を一定期間監視して、どのような人間であるのかなどに関して詳細に調査することを目論んで探偵事務所などが行っています。
日常気が付かない事実をさらけ出すことになります。

公的な機関だと、偽造できない証拠や第三者から聴き取った証言などの提出が無ければ、浮気の事実はないものとされます。
調停や裁判を使っての離婚は予想外に難しく、やむを得ない事情があるもの以外は、承認は不可能です。

疑いの心を取り除くために、「配偶者がどこかで浮気で自分や家族を裏切っているのかいないのかの答えが欲しい」という希望のある方たちが不倫調査を依頼するケースが少なくありません。
疑念の解決という目的を達成できない答えも相当あるのです。

証拠はないけれどアヤシイなと感じたら、すぐに実際に浮気していないか素行調査してもらうのが賢いと思います。
やはり調査日数が少なく済めば、探偵事務所に支払う調査料金だって安価になります。

将来の養育費、そして慰謝料を相手に求める場面で、自分が有利になる証拠集めや、浮気相手の年齢や職業は?といった人物調査、そしてその人に対しての素行調査もやります。

そもそも「隠れて浮気をしているような気がする」そんなふうに思っていても

難しい不倫調査が必要なら、技術力のある探偵に調査依頼することを強くお勧めします。
慰謝料の額にこだわりたい、離婚裁判に持ち込みたいと考えているなんて場合でしたら、はっきりとした証拠があるとないとでは大違いなので、特にこのことが重要です。

浮気とか配偶者を裏切る不倫によって幸せな家庭そのものを崩壊させ、夫婦が離婚する場合もあるわけです。
しかも状況によっては、精神的に損害を受けたことへの高額な慰謝料の請求なんて厄介な問題につながるかもしれません。

正式に離婚して3年たつと、法律の規定に基づき慰謝料の支払いを要求できません。
だから、万一時効の完成が迫っているのなら、ためらわずにお早めに弁護士事務所に相談するのがオススメです。

素行調査を始めるのに先立って、失念することなくチェックしておいた方がいいのが、素行調査料金の設定などの詳細です。
時給制、セット料金のところもあるし、成功報酬制等々、依頼する探偵や興信所によって支払うことになる金額の基準に大きな差があるので、一番気をつけなければいけないのです。

そもそも「隠れて浮気をしているような気がする」そんなふうに思っていても、仕事を持っていてそれ以外の時間だけで助けを借りることなく妻の浮気を調べることは、結構ハードなので、離婚までに相当な月日がかかってしまうんです。

離婚条件などの裁判に提出できる浮気が間違いないことを証明する証拠なら、GPSの記録やメールの送受信の履歴それぞれだけでは弱く、デート中の写真または動画が最も有効なんです。
探偵などで頼んで撮影するのがいいと思います。

相手の給料や資産、不倫・浮気の期間の長さの違いによって、支払われる慰謝料がかなり違ってくるに違いない!なんて先入観も持たれやすいのですが、本当はそんなことは全然ないのです。
ほとんどの場合、要求が認められる慰謝料の金額は300万円といったところです。

本当に調査までしなくちゃいけないのかな?費用は何円くらい?何日間待てばいいの?なんとか不倫調査を実施しても、うまくいかなかったらどこに相談すればいいの?あれこれ心配をしてしまうのは普通のことなんです。

不倫トラブルの弁護士に支払うことになる費用については、支払いを求める慰謝料を何円にするかによって上下します。
支払いを請求する慰謝料を上げることで、弁護士への費用の着手金だって上がってしまうのです。

不倫・浮気相手に心的苦痛への慰謝料の支払い請求する方を見かけることが多くなっています。
妻が被害にあったときは、浮気・不倫した相手の女性に対して「慰謝料請求が当たり前」といった雰囲気になっています。

ドロドロした不倫問題が原因となって離婚の危機を迎えている状態の方は、まず一番に配偶者との関係改善をすることが絶対に必要です。
何のアクションもせずに時間が流れていくと、二人の夫婦仲がどんどん悪化していくことになるのです。

なぜ離婚することになったかという理由として、「最低限の生活費をくれない」「男女として性的に不一致」などももちろんあるのだと想像できるのですが、それらの元凶が「隠れて不倫をしているから」なんてことなのかもしれません。

元カレ、元カノから慰謝料請求があったとか、深刻なセクハラに悩んでいる、その他にもありとあらゆる種類の心配事がありますよね。
一人ぼっちで抱え込むのはやめて、強い味方になってくれる弁護士の先生に依頼していただくことが大切です。

パートナーと相談しなければいけないとしても、不倫や浮気の加害者に対して慰謝料の支払いを求めるときも、離婚する場合に調停・裁判で希望条件を認めさせるにも、誰が見てもわかる証拠の品が無い場合は、前進しません。

「夫(あるいは妻)に浮気相手がいるかも?」なんて考えるようになったら、よく調べずにキレて騒ぐとか、とやかく言うのはいけません。
何よりも確認のために、慌てずに証拠を入手すべきでしょう。

探偵|浮気した相手を特定して

子供がいる場合の養育費や自分への慰謝料などを求める話し合いの中で、要求をのませることになる証拠の入手や、どんな人物が浮気相手なの?という場合に行う割り出し調査とか浮気相手の素行調査についても引き受けてくれます。

浮気に関する事実関係を突きつけるためにも、離婚裁判の際や慰謝料請求の際にも、明確な証拠をつかむことが何よりも重要なカギを握ることになるわけです。
証拠を認めさせることで、ごまかされずに進むはずです。

素行調査に関しては、調査対象の行動などをマークすることで、どのような生活をしている人物なのかについて正確にとらえることが目当てで依頼されている調査なのです。
多くのことが全てさらされます。

離婚届が受理されてから3年たつと、通常であれば慰謝料を相手に要求できなくなってしまいます。
万一、3年の時効完成まで時間がないのであれば、ぜひ速やかに経験と知識の豊富な弁護士を訪問してみてください。

費用が低価格であることだけばかりに注目したり比べたりして、探偵事務所をどこにするか決めることになれば、想像していた結果を出せなかったのに、探偵社が提示した調査料金を渡すだけで終わってしまうなんて事態だって起きる可能性はあるのです。

原則的な料金が安いということだけではなくて、いらない費用は除いて、確定する費用の合計がどれくらいなのかという点についても、浮気調査を行う場合、肝心なポイントであるので注意しましょう。

結局、最後は自分が払う慰謝料っていうのは、相手側との駆け引きをするなかで徐々に具体的になるのが常識なので、費用と効果のバランスを考えて、専門家である弁護士への相談を検討するのも一つの方法です。

平均的に夫のほうが妻の浮気や不倫を疑い始めるまでには、ずいぶん月日が過ぎてしまうなんてことをよく耳にします。
一緒に住んでいても見え隠れする妻の異変を感じ取ることができないのが大きな理由です。

「携帯やスマホを見て浮気の証拠を見つける」などというのは、多くの方が行っている手法なんです。
スマートフォン、携帯電話などは、間違いなく毎日一番使っている連絡手段ですね。
ですから特に証拠が消えずに残っている場合があるのです。

離婚することになる理由というのは多様で、「生活に必要なお金をくれない」「男女として性的に不一致」なども当然あるものだと想像できるのですが、いろんな理由の根っこにあるのが「不倫」なのかもしれないわけです。

人には聞けない不倫調査や関連事項について、一歩下がった立場で、多くの方に知識・ポイントを見ていただくための、不倫調査をする前にチェックしておいてほしいポータルサイトなんです。
どんどんご覧ください。

特に不倫並びに浮気調査というのは、調査が難しいハードな状態での証拠の現場撮影がかなりあるので、探偵社や調査担当者が違うと、尾行術であるとかカメラなどの機器にかなりの差があるため、前もって確認が必要です。

予想通りかもしれませんが妻がひた隠しにしている夫の浮気に気が付くきっかけというのは携帯電話が80%を占めています。
全然利用したこともないキーロックをするようになったとか、女性はケータイ、スマホに関してのちょっとした変化に気が付き見抜くものなのです。

浮気した相手を特定して、慰謝料として損害賠償請求するケースを見かけることが多くなっています。
なかでも妻が夫に不倫や浮気をされたケースになると、浮気相手に向かって「払わせないほうがおかしい」なんて世論が主流です。

ことに妻の浮気問題についての相談をするっていうのは、なんとなく恥ずかしさや高いプライドに邪魔される形で、「自分の家の恥をさらすことになる」なんて決め込んで、心の中をぶちまけることを渋ってしまうかもしれません。